トップメッセージ

人々へ安全・安心を提供し、環境保護への貢献に取り組んでいます

代表取締役社長 宇野 真

代表取締役社長
宇野 真

旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ株式会社は世界有数のサイエンスカンパニーである米国デュポン社の日本法人デュポン株式会社と、日本を代表する総合化学会社旭化成グループの中核事業会社である旭化成せんい株式会社が折半出資している合弁会社です。1995年の創立以来、ダイナミックに変化する社会環境の中でデュポン™タイベック®というユニークな製品を通じて、常に高い企業価値を創造すべく努力してまいりました。

タイベック®は1960年代に米国デュポン社により発明、上市され、今日では欧米諸国、日本のみならず世界中の国々でさまざまな用途に使用されております。その特殊な製法により「軽く」「強く」「バリア性があり」さらに「通気性を併せ持つ」という特徴を生かし、建築資材、防護服、医療用滅菌包材、農業用資材、グラフィックなど用途は多岐にわたっております。また、近年では「遮熱性」を付加したタイベック®シルバーを建築資材用途で発売しましたが、省エネ住宅へ貢献できる新製品として好評を頂いております。

弊社は、単なる製品販売だけではなく、専門的なウェッブトレーニングを利用したサービスの提供など総合的なソリューションをお客様へご提供できるよう努力しております。地球温暖化や未知のリスクへの対応など、これから取り組まなければならない事は沢山ありますが、安全なくらしと環境保護のために、今後もお客さまから信頼できるパートナーとして認めていただけるよう努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。