夏の効果検証(愛媛県松山市)

他社透湿防水シートを使用した住宅と、タイベック®シルバーを使用した住宅の内部温度を比較しました。

結果報告

赤外線を効果的に反射するタイベック®シルバーを施工した建物は、施工していない建物と比べて、天井・壁の温度上昇が抑えられました。躯体等への蓄熱を軽減しているため、日没後の輻射による熱の影響を抑え、快適性を向上させています。

(2階南西部屋天井部分を計測)※旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社 実測データに基づく

実験

同仕様の隣り合った2棟を室内からサーモカメラで撮影し、天井・壁の温度を比較。(松山市内)

  • A棟・・・壁:従来タイプ 透湿・防湿シート 屋根:シートなし
  • B棟・・・壁・屋根:タイベック®シルバーを使用)

画像左:従来品 画像右:タイベック®シルバー

10時頃
(東南部屋・隅)
最初は大きな違いは出ません

12時頃
(東南部屋・隅)
差が出始めています。

16時頃
(北西部屋・隅)
差が大きく開いています。

19時頃
(北西部屋・隅)
日が落ちてもまだ差は開いたままです。

遮熱の仕組み

同物件の小屋裏を撮影

左:タイベック®ルバーなし
蒸し暑い2Fの天井裏です。
躯体に熱がこもり、灼熱状態なのが分かります。
右:タイベック®ルバーあり
1枚のシートが躯体のストレスをも軽減します。

遮熱の仕組み